おねぇ系薬剤師の言いたい放題

おねぇ系薬剤師、通称ネーヤが言いたい放題のことを書くブログです。 賛同コメントや批判コメントは大歓迎!!ただし、意味の無いアラシコメントはご遠慮ください。

入るべきか?入らざるべきか??それが問題だ???

      2016/04/28

To be,or not to be:that is question:

と、まあ本日は格調高くシェイクスピアのハムレットのお話!

え?なぜにハムレットかって??

そんな訳無いじゃない!イッツジョークよっ!!今日はね・・・

薬剤師会のお話しよっ!

えっとね、今回の改訂でかかりつけ薬剤師制度のことはかなり話題になったでしょ?でもって、かかりつけ薬剤師になるためにはそれなりの経験や条件が必要と言うことも前に説明したわよね??

でね、ここのところネーヤのTwitterや直メで新人薬剤師さんや事務さんからご質問を頂くの。ご質問の内容は・・・

かかりつけ薬剤師になるには、勉強会や地域の医療活動に貢献とありますが、それはやはり薬剤師会に所属しないと難しいですよね・・・

てね。でね、この回答なんだけど・・・

ネーヤは最初は別に薬剤師会に加入しなくても、かかりつけ薬剤師の資格は取れると思ったのよ!勉強会での認定薬剤師はネットのE-Learningでも可能だし、地域の医療活動は、地域住民を集めて、お薬講座なんかをやれば可能だと思ったのね!!ところがそれは大間違い!!!と言うのはボスからのお達しで・・・

地域の行政機関や医療関係団体等が主催する住民への説明会、相談会、研修会等への参加や講演等の実績

でもって、他には学校薬剤師は医療活動の貢献に入ること、企業主催の講演会は認めない!

なんて、講釈垂れてきやがったのよ解説が出てきたのよ(涙)

もちろん行政機関と組んで住民への説明会や相談会などは認められているけど・・・

そもそも、行政機関が、いくら大手の調剤薬局チェーン店でも、手を組んで何かを行うとは思えないわよっ!

通常なら、薬剤師会を通して協力を仰ぐからねっ!!

ちなみに、学校薬剤師なんかも薬剤師会に依頼が来て、薬剤師会で会員に依頼が来るのね。でね、学校薬剤師になるとある程度の給与は支払われるんだけど、結構いろいろ面倒だし、何かと理由をつけて断っちゃう会員も少なくないのよ。でもって、学校薬剤師担当責任者の薬剤師さんが何校も掛け持ちしたりしている薬剤師会もあったのよ。ところが最近では自ら名乗りを挙げる会員や、今まで会に属していなかった薬局が入会願いを出してきたりもしているのね!

でもって、こうやって考えると、薬剤師会に入った方がいいと思うのは必然なんだけど、そうは考えない経営者や薬剤師がいるのも事実。なぜ入りたがらないか・・・

薬剤師会の入会金・会費が高い!

これは経営者側の考え方ね。今回の改定で、薬剤師会に属していないと、認定薬剤師になるのにも一苦労だし、特に地域医療云々に関しては薬剤師会に属していないと殆ど不可能と言うのは、先ほど書いた通り!でも、この改正が行われる前は、これらのようなメリットがなく、会費だけが取られてしまうと言った考えが多かったのよ

じゃあ、次に・・・

余計なお仕事を押し付けられる!!

これは経営者と言うよりも薬剤師側のご意見ね。先ほども言ったように学校薬剤師のお仕事や、薬剤師会によっては会営薬局の深夜当番が回ってきたりもするのね。他にも休日のときに市民講座でのお手伝いや、世界禁煙デーの時のビラ配りなんかもあるわね。まあ、今回の改定でこれらが地域医療云々の認定要綱になったからこれらを言う人は少なくなるだろうけど・・・薬剤師がたくさんいるような薬局なら、ある程度は負担も少ないだろうけど、一人薬剤師のような小さな薬局では、貴重なお休みが減って、営業時間外でのお仕事が増えてしまうの。だから、薬剤師会に属さない!という薬剤師も多かったと思うわ。

でもって、次に・・・

余計なしがらみが増える

えーっと(汗)薬剤師といえども、聖人君子ではないのよ。人が集まって、会を作ればその中で派閥やらなんやらが・・・あ、そうじゃない薬剤師会もたくさんあるわよっ!殆どの薬剤師会では会員同士仲良く協力してやっていると思うわよ。でもね・・・まあ、これ以上の突っこんだお話は自主規制と言う事にさせてもらうわね(-“-;A …アセアセ

 

じゃあ、かかりつけ薬剤師を諦めるなら、薬剤師会に入らないほうがいいんじゃない?と思った読者の方々。

 

そうじゃないんだなぁ~、薬剤師会だって無駄に高い会費や入会金を取っている訳じゃないのよ!

 

じゃあ、ここからはネーヤが考える薬剤師会のメリットについて語っちゃうわよっ!

先ずね・・・

いろいろな勉強ができる

まあ、お薬の事なんかについては自分で勉強することも可能だとは思うけど、ネーヤみたいな怠け者にとっては薬剤師会が「こんど○○錠の勉強会をするから、来てね(はぁと)」と招待状が来るのはありがたいのよ!その勉強会で疑問に思ったことは、その場で講師の先生が質問に答えてくださるし、そこから派生して自分が何を勉強すればいいか、おぼろげながら見えてくるの。それにね、薬剤師会の勉強会だと地元の官公立病院のDrが講師として来てくださると、そのDrの処方意図なんかが分かって、お薬の添付文書だけでは分からない裏側の部分が見えてくるのね。それに普通では薬剤師が知り得ないような最新医療なんかも解説してくださるDrなんかもいて非常に面白いのよ。

例えば、ピロリ菌の三次除菌。まあそんなに難しいことではないけど、おバカなネーヤにとっては非常に面白かったわ!遺伝子解析の説明から始まって、どのくらいの費用がかかるか(三次除菌は自費診療だからね)なんていうのを細かく説明してもらって、それ以来、患者様に対しても「三次除菌は自費診療ですが○○円くらいかかります!」なんていかにも偉そうに説明ができるの(。-∀-) ニヒ

それからね。まあ、このDrにもいろいろなタイプがあって、講義が上手・下手だとか別な楽しみ方もあるわね。

あと、お薬以外に保険やレセプト関係(これは後からもう少し詳しく説明するからちょっと待ってて!)中には、患者様に対する接遇講座なんかも行う薬剤師会もあるわ。ひとくくりに勉強と言ってもその内容はバラエティーに富んでいるの。これらに参加すればそれなりに勉強にはなると思うわよ!!

 

で、次に・・・

個別指導対策

えっと、個別指導が分からない方のためにちょっと解説入れておくわね。個別指導と言うのは薬局で薬剤師がちゃんと働いているかどうかを保険者(社保や国保)が確認する催し物。通常1~3割は患者様が支払うのだけど、残りは保険で支払われるのね。で、支払う側としては大したお仕事もしないで支払うわけにも行かないから個別指導と言うものが行われるの。まあ、大体新規薬局や、大手の薬局、それに処方箋1枚当りの単価が高い薬局がターゲットになるの。で、いつものようにネーヤ風に言うと・・・

 

あんた達、ちゃんと仕事してるんでしょうね!

高いお金支払っているんだから、しっかりやらないと、お金を払わないわよっ!!

取り敢えず、各種書類とこちらから指定した薬歴を持っておいで、確認するから!!!

と言うものなのね。でね、この個別指導、かなり厳しい物なのよ(ノ△・。)まあ、新規薬局なんかは結構甘いけどそれ以外は指導してくれる人が鬼のように思えるくらい!ネーヤが実際に見たものすごい指導は・・・

指導員「ここで、A錠が処方されていますが、その処方意図は分かりますか?」

薬剤師「えーっと、ナンチャラカンチャラ(説明)」

指導員「それは、処方医に確認は取りましたか?惰性で調剤していませんか??」

その処方内容が確認できなかったから一概に良い悪いは言えないけど、周りで見ている方はドキドキものよっ!まあ、指導する方もナァナァで済ませるわけにも行かないし、かなり厳しい言葉をかけてくるのね。ネーヤが知っている薬局さんでは、「これでは字が汚くて読めないので認められません」なんていうイチャモンみたいな指導をされたりしたと聞いたりもしているわ。

でね、この指導員と言うのは薬剤師会の会員の中から選ばれた先生方なの!ちなみに薬剤師会の中では、薬歴の書き方の勉強会を開くところも多いのね。その場合の講師は実際に指導を行っている指導員の薬剤師さんを招くの。しかもネーヤが所属している薬剤師会では、個別指導が当った薬局には特別に直前に書き方指導も行ってくれるのよ。

つまりね、薬剤師会に属していない薬局では薬歴の書き方で、どこを気をつければいいか、分からないと言う事なの!!指導する先生方も個別指導に当たった薬局が薬剤師会に属しているかどうかも分かっていると思うから、その指導の仕方は言わずとも、薬剤師会に属しているかいないかで違ってくると思うわ。

 

で、次に・・・

余計なしがらみが増える

え?それはデメリットで言った??

あはは(^○^)これは特に独り薬剤師や、チェーン店が少ない薬局の薬剤師さんに言えることなんだけど、やはり周りとの交流が無いと自分の長所も短所も見えてこないのよ!大きなチェーン店だとアチコチの薬局に転勤とかがあって、いろいろな薬剤師さんと交流できるけど、今回の改定で転勤させてばかりだと、基本調剤料が下がるのは確実。絶対とは言わないけど、転勤は減ると思うわよ!!そうなると、益々薬剤師同士の交流は狭くなっちゃうの!つまり・・・「井の中の蛙、ホニャララ」ね!!!

ちなみにネーヤはいろいろな経験があるけど、大手チェーン店での転勤とかは経験がないのよ。まあ、今でも大した知識は無いけど、薬剤師会で経験豊な薬剤師の先生と勉強会のときにお話をしたり、呑み会でざっくばらんにお話をすると、Drや患者様の癖やあしらい方、勉強会では得られないような、生きた知識が身につくのは確かなの!ネーヤもそれでたくさん勉強をさせてもらったわ(はぁと)

 

でね、その次にね!

え?まだあるのかって??大丈夫次で最後だから、それはね・・・・・

 

 

 

 

 

こうやって、ブログのネタにできるからよっ!!!

 

 

こればかりは、薬剤師会に入っていないとこんなブログは書けないわよっ!!!

と、叫んだところで本日のブログはおしまいっではでは

 

 

 

 

 

 

 

 

↓私はちゃんと薬剤師会に入っているわよ!勉強になるし!!って言う薬剤師会会員さんはこちらをポチッと

にほんブログ村

↑えー!私は入っていないわ!!会費も勿体無いし、自分でちゃんと勉強できているから!!!って言う薬剤師会非会員さんはこちらをポチッと

 

 

 

 

 

 

 

↓そこまでネーヤが言うなら薬剤師会に入ろうかな?学術大会とかでリアルネーヤに会えるかもしれないし!!と考えた方はこちらをポチッと押した後、早速地域の薬剤師会に入会申込書を請求してください。

あ、学術大会に参加するときは教えてくださいね!時間が合えば学術大会後に呑みにでも行きましょう(笑)

人気ブログランキングへ

 - 保険制度, 薬剤師

error: Content is protected !!