おねぇ系薬剤師の言いたい放題

おねぇ系薬剤師、通称ネーヤが言いたい放題のことを書くブログです。 賛同コメントや批判コメントは大歓迎!!ただし、意味の無いアラシコメントはご遠慮ください。

お薬の行方

   

さてと、今回のブログは前回と違って一般向けのグッと砕けたお話ヽ(*´∀`)ノ

先ずね、通常何種類かのお薬を連用している方に聞きたいんだけど・・・お薬って、余ったりしない?
例えば、毎食後のお薬・朝食後のお薬・朝夕食後のお薬の3種類を飲んでる患者様なんかは朝食後のお薬はしっかり飲んでいるんだけど、毎食後のお薬は妙に余ったりしないかしら?

うんうん(゚д゚)(。_。)_。)、お昼はお仕事もあったり出かけたりしていて、つい忘れちゃうのよね(^_^;)と言ったアナタ!

でしょうね!ネーヤも薬剤師をやっていると、そう言った患者様によく遭遇するの(^_^;)
まあ、それだけではなく今回はいろいろなシチュエーションでお薬が余ってしまった方のエピソードを紹介してくわね!!
ついでに、今回のブログは、そういったお薬の処理の仕方も実話を交えてご紹介ヽ(*´∀`)ノ

 

先ずは1番目のエピソード。本日ご来局なされたのは、ネーヤ薬局の近所に住む80を超えた高齢者の女性患者様Jさん。まあ本筋とはあまり関係ないけど骨粗鬆症のお薬を服用なさってる。

J「こんにちは、今日もお薬お願い!」

ネ「はい!じゃあ処方箋いただきますね!!あ、お薬手帳は???」

J「はい、じゃあこれ!」

そう言って、お薬手帳を渡してくれるJさん。事務さんが出してくれた薬歴とお薬手帳を見ながら・・・

ネ「あれ?Jさん??ちょっと間が開きましたね、お薬残っていましたか???」

J「ううん、実はうちの主人が亡くなったの。それでちょっとバタバタしてて・・・」

ネ「そうでしたか、それはご愁傷様でした・・・体調はいかがですか?」

J「ああ、私は大丈夫!主人も90近かったし、天寿を全うしたと思うわ(´▽`)急に体調が悪くなって、苦しくこともなくあっという間に逝っちゃったしね。」

ネ「・・・そうでしたか。」

J「でね、今日はちょっと相談があって。亡くなった主人のお薬がたくさんあるんだけど、こちらで処分してもらえない?」

ネ「え?どれだけあるんですか??」

ちなみに、Jさんのお薬はネーヤの薬局で調剤しているんだけど、ご主人のお薬は他の薬局で調剤されていたのね(^_^;)

J「あ、持ってきたの!これなんだけど!!」

そう言って、Jさんがバッグから出したのは、スーパーのビニール袋、何やら大きく膨らんでいる。
ビニール袋を開けて調剤台の上に広げてみると、パーキンソンのお薬やら脳梗塞・心筋梗塞のお薬、胃薬や下剤まで、全部合わせて500錠以上!∑(゜∀゜)

一つ一つ確認して・・・

ネ「えーっと・・・廃棄するのは構わないですけど、随分ありますね!」

J「うん、主人が受診していた○○病院だと1回に3ヶ月分のお薬が処方されるのよ。で、この前処方されてから、主人の病態が数日で悪くなっちゃったの。だから、処方されたのがほとんど余っちゃってるの。処分してもらえる?」

ネ「はい、分かりました。それではこのお薬はこちらで責任を持って処分させて頂きますね。」

J「ありがとう!こんなにたくさんあって困ってたのよ(^_^;)あ、使えるお薬があったらこの薬局で使って!」

ネ「いや、お気持ちはありがたいですが、それはできないです。でも、ちゃんと処分しますからご安心ください!」

J「そう?ほとんど手をつけてないからもったいないけど仕方ないわね。じゃあお願いね!」

そう言った後、Jさんはご自分のお薬を受け取るとご帰宅。後には調剤台の上に広げられた夥しいお薬。それを見た事務さんが声をかけてくる。

事「すごい数ですね!!」

ネ「うん、○○病院は官公立でお薬を長期処方するからね(^_^;)」

あ、ちょっとだけ解説しておくと官公立病院などの大きな病院になると、結構長期処方をするの。まあ、2ヶ月3ヶ月はアタリマエ!

事「うわ!リクシアナもあるじゃないですか!!80錠以上ある!!!」

ここでもちょっと解説ね。リクシアナと言うのは心臓の病気などに使われるお薬。非常に高価で、今回持ち込まれた60mg錠は1錠545、6円。80錠で4万円以上するのね(^_^;)

ネ「うん、もったいないけど、廃棄処分にするしかないわね。」

事「えー!うちの薬局で使ったらダメなんですか?!」

ネ「えーっとね(^_^;)リクシアナ以外にも、下剤なんかがあるでしょ?事務さん、便秘症だったわよね??じゃあ、この下剤をあげると言ったら自分で飲む???」

事「え?嫌です!!この患者さんがどんな人かもわからないし!!!」

ネ「でしょ(笑)まあ、使っても問題はないと思うけど・・・Jさんを疑うわけではないけど、万が一ということもあるし、それで何かあったら薬局の責任問題になっちゃうわよ(^_^;)」

事「そっか、でももったいないですね(^_^;)」

ネ「まあ、ざっと見て全部で5万円以上のお薬じゃないかな?うちの懐が痛むわけではないからいいけど(笑)」

 

と、ここまでが一つ目のエピソード。
でね、ここで言いたいことは・・・

できれば、残薬の処理は調剤した薬局に持ち込んでちょうだい!!!

という事!基本どこの薬局もゴミとかに関しては産業廃棄物になるから、専門の業者に委託していて、こういったお薬も確実に廃棄処分ができるんだけど、この中に麻薬とかがあったりしたらそれはできないの。
前にもブログで書いたことがあったと思うけど、麻薬の処理はかなり注意が必要なのね。こういった場合には、廃棄した旨を都道府県知事に届出をしなくてはならないのね。つまり薬局で麻薬小売業の資格を持ってなければ廃棄できないし、もし持っていたとしても自分の薬局で調剤したものでなければ、基本廃棄はできないの(^_^;)ちなみに向精神薬も種類によっては微妙。まあ、薬局をアテにしてくれるのはありがたいんだけど、できれば調剤した薬局、病院に持ち込んでちょうだい!

 

じゃあ、2番目のエピソード!今回ご来局なされたのは60代後半の男性患者様Sさん。

S「こんにちはネーヤ先生!今日は私のお薬だけ!!」

と、こう言ってご来局。この言い方には理由があって、このSさん、いつもご自分とお父様の処方箋を一緒に持ってきてくれるのね。
このSさんのお父様、うちのお隣のクリニックと、うちの薬局からちょっと離れた脳外科の処方箋を持って来てくださるの。そしてSさんのご希望もあって、両方の病院のお薬をまとめて一包化してるのね。
でね、うちのお隣のクリニックでは4週間処方で、脳外科のお薬は60日処方なのよ(^_^;)でもって、どうしても片方の医院のお薬は余ってしまうんだけど・・・どうしているかというと、余っているお薬の方をうちの薬局でお預かりして、その都度、残っているお薬と一包化、そして次に受診した時にはまた残っているお薬と合わせて一包化してるのね!

ネ「あら、Sさん。お父様のお薬は宜しいんですか?飲み忘れか何かで余ってしまいましたか?」

S「いや、そうじゃないんだ。この前オヤジ転んで、怪我したでしょ?」

ネ「ああ、化膿止めの抗生物質持って行かれましたよね。」

S「そうそう!あの後、殆ど歩かなくなっちゃってさ、そうしたら急に認知症も進んじゃって・・・ケアマネージャーさんの勧めもあって、変更申請をしたんだよ!そうしたら介護認定で要介護4になって、今度施設入所することになったんだよ。」

ネ「そうでしたか、それは大変ですね。こちらから調剤しているお薬は施設の方に言って頂けましたか?」

S「うん、伝えた。」

ネ「分かりました、じゃあこちらでお預かりしているお薬は、そちらに持って行きますよね?じゃあ、薬袋を作って用意しますね!」

S「いや、施設のDrとも面談したんだけど、お薬を変えるから、それはいらないって!悪いけど薬局の方で処分してくれない?今家にある一包化されているお薬は僕の方で処分するから。」

ネ「分かりました・・・あ、ちょっとお待ちくださいね・・・ああ、やっぱり被ってる!」

S「ん?なに??」

ネ「えっと、今お父様に出ているお薬の中で血圧のお薬で、アムロジピンと言うのと、マイスリーと言うのがあるのですが、それがSさんの飲んでいるお薬と同じなんです。ただし、アムロジピンはお父様が2、5mgでSさんは5mg、マイスリーはお父様が5mgでSさんは10mgと倍の量ですが。」

S「へー、そうなんだ!気にも止めなかった!!やっぱり親子だなぁ~(笑)」

ネ「≧(´▽`)≦アハハハ、確かに体質は似ているのかもしれませんね!じゃあ、この次で構いませんからお父様の残っているお薬を全て持参してくださいませんか?2錠飲まなくてはならないですが、捨ててしまうのはもったいないです!こちらで包み直してSさんのお薬として調剤しますから!そして処方医には私の方から説明して、その分処方日数も調節してもらいますから、多少なりともSさんのお薬も安くなります(´▽`)」

S「えー、面倒じゃん!そんなことしなくてもいいよ!!」

ネ「そのくらいは、薬局のサービスとしてやりますよ(・∀・)ニヤニヤ次回必ず持ってきてくださいね!!!」

でもって、約1ヶ月後。Sさんはお父様のお薬を全て持参。薬局でお預かりしている分と合わせて、アムロジピンとマイスリーを2錠づつ一包化して、2週間分処方から削ってもらったの。まあ大した額ではないけど多少なりともいつもより安くなって、Sさんは喜んでご帰宅。

で、ここまでが2つ目のエピソード。ここで言いたいのは・・・

お薬が余った場合には、捨てたりしないで薬局に持ち込んでちょうだい!!!

という事、確かに他人に使うのはできないことなんだけど、家族間同士ならある程度は融通できるの!あ、でもね、患者様が勝手にやってはダメよ!!本当にできるかどうかは薬剤師に確認してちょうだい!!!

 

で、最後のエピソード!これに関してはネーヤのお怒りモードも入っているのだけど・・・事の顛末を書いていくわね。この時ご来局されたのは数年前に80歳を超えられたご高齢の女性患者様Hさん。処方内容はと言うと・・・

Rp)
1、ミカルディス錠20mg   1錠
ネシーナ錠25mg     1錠
バイアスピリン錠100mg 1錠
分1朝食後 14日分

2、ネキシウムカプセル20mg 1カプセル
カルブロック錠16mg   1錠
クレストール錠2、5mg  1錠
分1夕食後 14日分

3、ビタメジン配合カプセルB25 3カプセル
ムコスタ錠100mg     3錠
分3毎食後 14日分

4、グルコバイ錠50mg    3錠
分3毎食前 14日分

5、マイスリー錠5mg     1錠
アローゼン         0、5g
分1就寝前 14日分

とまあ、かなりの種類の数!でもこのHさん、ご高齢にも関わらず、認知症はないし、足腰もしっかりしていて、杖とかもなしにしっかりした足取りで歩いてくるの!∑(゜∀゜)
個人情報もあるからあまり詳しくは書けないけど、80歳まで会社をいくつか経営してらして、保険の負担割合は3割。80歳を期に子供さんに経営をすべて手渡して、そのときから1割負担になったんだけど、体調的には全く問題がないの。お薬も定期的に取りにいらして、ネーヤとの会話もしっかりできるし、目や耳もしっかりしているのね。

ネ「Hさん、体調はいかがですか?」

H「元気元気!今度孫と一緒に北海道に旅行に行くの!!」

ネ「あら、いいですね(´▽`)あ、旅行の時にもお薬はちゃんと持参してくださいね!!」

H「もちろん、持ってくわよ(笑)」

ネ「ところで、Hさん。これだけの種類のお薬で迷ったりとかしませんか?お薬が足りなくなったり、余ったりはしてませんか??」

まあ、これは薬剤師によくある、患者様への接遇方法なんだけどね!

H「ん、大丈夫。余ったお薬は捨てちゃってるから!」

!”#$%%&’()=~!!

ネ「え?捨てているんですか!∑(゜∀゜)」

H「うん!マイスリーは飲まないと眠れないからちゃんと飲むけど、他のは体調も別にいいし、飲まないことも多いのよ(笑)」

ちなみに解説するまでもないと思うけど、マイスリーと言うのは睡眠導入剤。他のは高血圧や糖尿病、脳梗塞予防なんかのお薬なのね。

ネ「いや!Hさん。マイスリーなんかは飲まなきゃ飲まなくてもいいですが他のは、糖尿病なんかで必要なお薬です!!そちらをちゃんと飲まなきゃダメです!!!」

H「だって、めんどくさいんだもの。体調も問題ないし、マイスリーだけ処方して貰えばいいと思っているのよ。まあ気が向けば他のも飲むけどね(´▽`)」

ネ「いつごろから、お薬を捨てているんですか?」

H「ん~、会社をやっている頃はそれなりにちゃんと飲んでいたけど、息子に会社を譲ってからはあまり飲んでないかな?」

ネ「先生は何もおっしゃらないですか?」

H「先生には何も言ってないもの(笑)健康診断でも血圧や血糖値が高めと言うだけで、体調的にも問題ないしね!」

ネ「今出ているお薬の中で、どれがそんなに余っているんです?」

H「えーっと、お昼はほとんど飲んでないわね、朝もそんなにかな?マイスリーは必ず飲むから、夕の分はその時に一緒に飲んじゃう。」

ネ「じゃあ、今も家には余ったお薬があるんですか?」

H「そうだなぁ~、ゴミの日にまとめて捨てるようにしてるか、多少は残っているかな?」

ネ「えっと・・・取り敢えず今日からは、しっかりとお薬を飲むようにしてくださいっ!それと、次回余っているお薬は全部持参してください。飲み忘れてしまうのは仕方がないと思いますが、残ったお薬は再利用してHさんの次のお薬に使わせてもらいますから!!それならば、Hさんのお支払も多少なりともお安くなりますし!!!」

H「いいよ、別に!めんどくさいし、残ったら捨てちゃって、新しくお薬を貰えばいいだけのことなんだから(笑)」

ネ「いやいやいや、そうではなくてやはりお薬はしっかり飲まなくてはダメです!それにお薬の代金の半分以上は国の保険からまかなわれているんですから!!」

と、説明しようとした瞬間・・・

H「あ、これから用事があるの!早くして!!」

と、Hさんの急かす声。

ネ「分かりました、じゃあいつもと同じお薬ですが、しっかり飲んでくださいね!それと余っているのは次回必ず持参してください!!」

H「分かった、分かった!なるべくしっかり飲むようにするし、覚えてたら残ったお薬持ってくるから(^_^;)」

Hさんは、そう言うとお薬を受け取ってご退局。う~ん・・・本当に分かってくれたのかしら(-.-;)

 

それではここで、Hさんにも向けてもう一度!

お薬が余った場合には、捨てたりしないで薬局に持ち込んでちょうだい!!

えっとね、今までに何度となくブログでも説明してるけど、患者様の皆様が薬局で支払っている金額は費用の1割~3割なの!そして残りの9割~7割は保険でまかなわれているのね。だから、患者様からしたら数百円の損失だとしても、国からすれば千円程度の損失になっちゃうのね、そしてそれが一人二人ならともかく、日本全体だとかなりの金額になるのね!実際の金額がどのくらいあるかボスが試算してるんだけど、年間でその金額は・・・

35億!・・・うそ!!本当は約500億円!!!

ここで、ちょっとオフザケを入れたのは勘弁してちょうだい(・∀・)ニヤニヤ、ちなみにこの500億円ちょっと感覚が掴めないかとは思うから、どのくらいすごいかというと・・・
薬剤師の平均年収が、ちょっと古い(数年前)の記録で悪いんだけど、550万円くらい。だから薬剤師8000人くらいがタダ働きしている金額なのね!どう、これである程度の感覚は掴めた??
そして、これがそのまま続いていったとしたら・・・

保険料の値上げ!負担割合の増大!!増税!!!

という事が、起きるかもしれないのね(>_<)
え?大げさ??でも実際に保険料は昔より上がっているし、患者様の負担割合だって、昔は0割(無料でお薬や診察が受けられた)の人もいたのよ。
そして税金は言わなくても分かるわよね(^_^;)消費税は3%⇒5%⇒8%ときて、10%だってもう目の前よね(^_^;)
しかも、これから日本は高齢化社会!この500億円がさらに伸びていく可能性はあるの。
ちなみに、残薬を薬局などに持ち込むことで、その500億円はかなり圧縮できるのねヽ(*´∀`)ノ

 

そして次に、これはHさんのような方には特に言いたいのだけど・・・

お薬を飲みたくないなら、ちゃんと言ってちょうだい!!!

今回のHさんは、医師には黙ってほとんどのお薬を捨てちゃったりしているみたいだったけど、健康診断や、さしたる自覚症状もなかったでしょ?
医師からしてみると・・・

この患者様はちゃんとお薬を服用してるから、体調が安定している!

と言う判断を下してしまうこともよくあることなのね。つまりHさんがちゃんとお薬を飲みたくないこと、そしてあまり飲んでない事を医師に相談していれば、お薬を調節して減らすことも可能だったと思うわ。変に隠したりすると、病気を悪化させることにもつながりかねないし、お薬を減らすタイミングも逃しちゃう可能性が高いのね(^_^;)

 

で、お薬の行方としては、ここまでなんだけど、最後にこういった無駄を省くための方法をご紹介!それは・・・

ブラウンバッグ運動!!!

知っている方も多いかもしれないけど、これは残ったお薬や普段飲んでいるOTC薬、サプリメント、お薬手帳をまとめて薬局に持ち込んでちょうだい!と言うものなのね(´▽`)
持ち込まれた薬局では、何のお薬を飲み忘れるのか、OTC薬やサプリメントとの相互作用、そして他の病院などでどんなお薬を飲んでいるかなどをチェックするシステムなのね。これによって、薬剤師は飲み忘れが多い時間帯を確認できるし、他の病院で似たようなお薬が出ていた場合なんかでも医師に進言してお薬を減らす可能性が出てくるの。そしてOTC薬やサプリメントの飲み合わせもできるわね!

ちなみにこのブラウンバッグ運動、アメリカで患者様に茶色の袋に薬を入れて薬局に持ち込むように働きかけたのがきっかけ!日本でも薬局や地域の薬剤師会が中心になって現在この運動が繰り広げられているのね。

やり方は簡単!袋を1枚用意するだけ!!100均のズタ袋でもOKだし、スーパーのビニールでもOK!!!あとは受診する日に残っているお薬やら、普段飲んでいるサプリメントやらお薬手帳を詰め込んで薬局に提出するだけでOK!
あ、ここでワンポイントアドバイス!ブラウンバッグを持ち込む場合、病院に受診する前に薬局に持ち込んだほうがいいわよ!!そうすれば、薬局で残薬を確認して病院に連絡して調節してもらえるからね!!!

ちなみに薬局によってはブラウンバッグを用意してくれるところもあるの。多分無償で配っていると思うから、かかりつけ薬局で聞いてみるのもいいわねヽ(*´∀`)ノ

 

と言ったところで本日のブログはおしまいなんだけど、最後にネーヤの心の叫びを一言!

ねえ、Hさん!
どうせ飲まないお薬なら、ジェネリックにしても良かったんじゃないの??
『なんとなく、ジェネリックは嫌!』と言う理由で拒否するのはやめてちょうだい!!!

と言ったところで、本日のブログはおしまいっε≡≡ヘ(*`∀´*)ノ
ではでは*^ω^)ノ” ♪

 

 

 

 

 

 

 

↓私はちゃんとお薬を飲んでいるから、今回のお話は関係ないわヽ(*´∀`)ノと言うかなり優秀な方はこちらをポチっと!


にほんブログ村
↑私は残ったお薬はちゃんと薬局に持ち込んでお薬を整理してもらってるわヽ(*´∀`)ノと言うちょっと優秀な方はこちらをポチっと!

 

 

 

 

 

 

 

↓私は残っていたお薬は捨てちゃってた(^_^;)と言うHさんを彷彿させるような方はこちらをポチっと押した後、明日にでもかかりつけ薬局でブラウンバッグをもらってきてください。かかりつけ薬局になかったら帰りに100均によって、可愛いバッグをお買い求めくださいヽ(*´∀`)ノ


人気ブログランキング

 - 患者様

error: Content is protected !!