おねぇ系薬剤師の言いたい放題

おねぇ系薬剤師、通称ネーヤが言いたい放題のことを書くブログです。 賛同コメントや批判コメントは大歓迎!!ただし、意味の無いアラシコメントはご遠慮ください。

武田テバファーマさんの誤算(>_<)

      2018/03/27

さてと、本日のブログはネーヤの薬局の日常の一コマから始まる!

ネーヤさぁ~ん!パタノール点眼液、あと3箱切りました!!!

と、ちょっと焦った声を上げたのは、処方箋のお薬をピックアップしていた事務さん。
あ、ちなみに有名なお薬だから知っている人も多いと思うけど、パタノール点眼液というのは花粉症の目の痒みとかに使うお薬!

大丈夫!昨日10箱発注しておいたから!!もうすぐ納入されるから袋詰めしておいて!!!

と、ネーヤが返して、ネーヤは患者様が待つ窓口に向かう。

まあ、これだけでは何か分からないわよね(^_^;)

えっとね、この時期になると、殆どの医院さんで花粉症の患者様が押し寄せるのね!耳鼻科は言うまでもなく、内科を初めとして、あまり花粉症とは無縁の科でも、患者様から『ついでに花粉症のお薬も欲しい!』なんて言われると、Drによっては簡単に処方したりするのよ!
ちなみにこのパタノール点眼液、副作用や相互作用(他のお薬との兼ね合い)も少なく、花粉症とは関係のない眼科ではないDrも簡単に処方しちゃうのね(^_^;)

でもって、この時期になると、普段あまりアレルギー関係のお薬を調剤しない薬局もバタバタしちゃうのよ!

え?じゃあ、在庫をたくさん置いておけばよくない??

と、至極まっとうな答えを返して来た読者の皆様!えっとね、この時期はどこの薬局でも在庫を極限まで絞りたいのっ!!

まあ、今までに何度も説明してきたから分かっている人は分かると思うけど、この4月からお薬の値段が下げられるのね。パタノール点眼液の場合は・・・

983,5円/1本⇒925円/1本と約60円弱の値下げなのね。

えー!そんなの対した額じゃないじゃん!!と思った方々(^_^;)確かにこれだけなら大したことはないんだけど、これが10箱(100本)の在庫があれば、6000円弱の損失!そしてパタノール点眼液以外の薬品も同様の損失があれば、6000円だけで済むわけでなく、大きな薬局なんかは数十万円単位、大手チェーン店ともなれば数百万円~数千万円の損失もあり得るの(^_^;)

だから、どこの薬局の仕入れ担当や管薬さん達は目の色を変えて在庫を減らすように考えるのね。
ちなみにそれはネーヤも同じ!在庫を切らすわけにはいかないし、かと言って余りにも在庫を抱えたりすると会社に損失を与えるので毎日、レセコンとにらめっこして在庫数を減らすように努力するの!

ちょっと、それを言葉にしてみると・・・

ん?A錠を使っている○○さんって2月に60日分お薬持っていったから今度来るのは4月だよね!じゃあA錠は返品!
あー!このB錠を使っていた○✖さん!!この前お薬変更になったじゃん!!!じゃあB錠はもう使わないわよね!!!
このC錠を使っている✖✖さん、予定では3月末でお薬が切れるけど、この方って、1回お薬を持っていくと1ヶ月以上来ないのよね(^_^;)

などと、独りでブツブツ言いながら返品したり発注したりしてるのよ。まあ、今はレセコンである程度は調節できるけど、ネーヤの薬局のレセコンはそれほど賢くないし、お薬の変更や患者様のアドヒアランス(ちゃんとお薬を飲むかどうか?)まではレセコンでは分からないから、どうしてもそれはマンパワーに頼るしかないのよね(^_^;)

でもって、本日のネーヤもお昼休みに、レセコンとにらめっこ!独りでブツブツ言いながら発注をかける(^_^;)

あら?昨年に比べて今年って結構花粉症が多くない?じゃあザイザルを多く発注したほうがいいかな?でも、最近お隣の先生、デザレックスをよく処方するしなぁ~!杏林製薬のMRさんもよく訪問してるし・・・デザレックスもう少し買っておこうかなぁ~?点眼薬と点鼻薬は去年と同じね!じゃあ、もう5箱づつ買っておくか!!

などと言って、レセコンで発注をかける。発注後、お茶を沸かして・・じゃあお昼ご飯にするかな?と思ったところ、1本の電話が入る。電話の主はN卸のMS、Tさん。

T「もしもし、私N卸のTと申しますが!」

ネ「あら、Tさん!ネーヤです。どうしたの??」

T「あ!ネーヤ先生ですか!電話で失礼します。今、発注をかけられた商品で欠品があって・・・フェノフィブラート錠が欠品なんです(>_<)」

ネ「ああ、年度末で欠品か!まあまだ余裕があるから、来週でもいいよ(´▽`)」

T「いや、そうじゃなくて・・・フェノフィブラート錠は現在出荷調整がかかっていて・・・今月の納入は無理そうです!」

ネ「はぁ~?出荷調整??何か問題でもあったの???」

T「詳しくは分からないのですが、メーカーさんによると、当初の予定より販売量が多くなってしまったみたいで製造が追いつかなくなったようです。」

ネ「えー!じゃあ、納入はいつごろ??」

T「多分、今月は無理です。4月からは徐々に出回るとは思いますが・・・」

ネ「まあ、仕方ないわね。じゃあ出回るようになったら回してくれる?」

T「もちろんです!すいませんがよろしくお願いします。それと武田テバのOさん(MRさん)も数日中にご挨拶に伺うと言ってました!!」

ネ「分かった、待ってる。」

T「電話で失礼しました!私もまた行きますので、それでは失礼しました!!」

そう言って、電話が終了。

 

ネ「うーん・・・フェノフィブラートが出荷停止かこれは困った(´・ω・`)」

と、独り言を言うネーヤ。えっとね、なぜ困ったのかを説明していくわね!

フェノフィブラート錠と言うのはつい先日発売になったばかりのジェネリック品。先発品はリピディル錠とトライコア錠という併売品なの。
でね、通常はジェネリック品が発売になる時って、オーソライズドジェネリック品が発売になるとき以外は、複数のメーカーが発売になるのね。お薬によっては数十社なんていうのも珍しくないの(´▽`)
でも、このフェノフィブラート錠。オーソライズドジェネリック品でもないのに、発売が武田テバさん1社だけという非常に珍しいお薬なのね!つまり武田テバさんのジェネリック品が出荷停止になってしまうと、ジェネリック品を希望する患者様に迷惑をかけてしまうし・・・薬局側としても後発品率を上げたいし・・・特にネーヤの薬局は、後発品医薬品調剤体制加算が算定できるかどうかギリギリのラインだから1品目でもジェネリック品に変更したいのよ!

ネ「まあ、他のお薬で頑張るしかないか(^_^;)あ、お昼ご飯食べなきゃ!!」

と、ここまでがプロローグ。そして第二幕は数日後、武田テバのOさんがご来局。

O「こんにちは、お世話になります!武田テバです!!」

ネ「あ、Oさんこんにちは!今回フェノフィブラート錠大変ね!!」

O「はい、ご迷惑をおかけします。これを・・・」

そう言って、出してきたのがこちら!

まあ、画質が悪いのは勘弁してちょうだい(^_^;)

まあ、書いてあることをネーヤ風に言うと・・・

なんかねー!うちが想像している以上に売れちゃったの(^_^;)
今ね。一応、思いっきり増産かけているんだけど、欠品する可能性が高いのよね!
だ・か・ら・・・
せっかくうちのジェネリック品に変更してもらって悪いんだけど・・・
もう1回、先発品に戻すようにしてもらえないかしら(^_^;)
本当にゴメンネー!!!

と、まあこんな感じ(笑) あ、こんなふうに書くと悪意を持っているように思われちゃうかもしれないけど、別に悪意があるわけではなくてフザケているだけだからね(・∀・)ニヤニヤ

ネ「で、Oさん。Tさんは4月くらいに少しづつ出回るような事を言ってたけど、どうなの?」

O「・・・申し訳ございません、今のところ6月までは混乱しそうです。」

ネ「えー!∑(゜∀゜)そんなに先まで!!」

O「本当に申し訳ございません!なるべく早く流通させるように会社も頑張っているのですが、そこに書いてあるように予想外に需要が伸びてしまって・・・」

ネ「なるほど、ちなみに聞いてみたいんだけど、特にバルクが足りないとかではないの?それとも製造ラインの一部が使えなくなったとか??」

O「いや、それは問題ないです。あくまでも需要が多すぎて製造ラインが追いつかなくなっただけです。」

ネ「まあ、無いものを出せといっても仕方ないわよね。また、製造の見通しが付いたら連絡してくれる(^_^;)」

O「はい、それは必ず!それではこれで失礼させていただきます!!」

 

そう言って深々と頭を下げると、Oさんはご退局、忙しそうに帰っていった。

うーん、Oさんこれから担当の医療機関に頭を下げて回るんだろうなぁ~(^_^;)などと考えつつも、ちょっとお怒りモードのネーヤ。

え?何を怒っているのかって??

えっとね、先程も書いたけど、今回のことで、ジェネリック品を望む患者様や保険者にも迷惑をかける訳よね。
そして、薬局を含む医療機関としても、患者様に説明しなくてはならないし、一部病院なんかではレセコンのシステムを直さなくてはならないわけ。

まあ、それは仕方がないこと(いや、仕方なくはないけど)だとして・・・

 

なぜ、このような需要を予測できなかったヽ(`Д´)ノ

 

えっとね、繰り返しになって恐縮なんだけど、このフェノフィブラート錠はリピディル錠・トライコア錠のジェネリック品でその発売は武田テバファーマさん1社の販売なのね。

そして、ボスはジェネリック品を推進しているわけでしょ?さらに、今回の調剤報酬改定では後発医薬品調剤体制加算の算定条件がさらに厳しくなってるのよね。

だとすれば、リピディル錠またはトライコア錠を使っている医療機関がジェネリック品を使うとしたら、この武田テバファーマさんのフェノフィブラート錠しか選択肢がないわけ。

ちなみに、ボスは今年度中に後発品率80%を達成させる計画を立てていて、それも達成しそうな勢いなのね。

 

じゃあ、武田テバファーマさんは先発品の販売数の80%近くは用意しなくてはいけないんじゃなかったの???

 

まあ、これがバルクの供給が追いつかなかったとか、製造ラインの故障等、不測の事態で供給が追いつかなくなったというなら、まだ許されると思うけど、今回の供給不足はどう考えても武田テバファーマさんのミスでしかありえないの(^_^;)

 

 

でもって、次に・・・

 

HPに表示がない!

 

えっとね、先ほど武田テバファーマさんからのお知らせの紙を写真で挙げたでしょ?まあ、見ればお分かりの通り、ネーヤの写真の腕もあって非常に見にくいわよね?

だから、ネーヤとしては詳しい情報を載せるべく武田テバファーマさんのHPにお邪魔したの♡そして写真で挙げたpdfとかを持ってくるつもりだったのね。

ところが、HPのどこを探してもフェノフィブラート錠の出荷調整のお知らせが出てないの(>_<)イマドキ、ネット環境は大抵の薬局で揃っているし、書籍よりネットで情報を検索することの方が多いと思うのよ。ところが、その情報を調べるべくHPに行ってもその情報が全く出ていないってどうなのよ?それともネーヤの調べ方が悪いのかしら?まあ、あまり堂々と表に出せる情報じゃないのかもしれないけど、今回の件では患者様・医療機関等には迷惑が掛かっているわけだから、ある程度表に出さなければならないんじゃない??

 

まあ、ネーヤのお怒りはこの辺り!そしてちょっとここのリンク先を覗いてきて欲しいんだけど・・・

今更ながらにジェネリック!

この中程のところに・・・

日本が世界に誇る武田ブランドです!患者様にも安心してお勧めできます!!

と言う武田テバファーマ株式会社のMRさんの売り文句があるでしょ?この時はロスバスタチン錠のPRだったんだけど・・・

 

日本が世界に誇る武田ブランドはどうしたヽ(`Д´)ノ

 

と、叫んだところで、本日の・・・と、あともう一つ!

 

ねぇ、ボス?

こういった場合の後発品率の計算方法はどうなるの??

薬局の責任は全くないわけだから、計算から除外してもいいんだよね???

どうなの?ボォォォ~ス!!!

 

と、言ったところで本日のブログはこれにておしまいっ!ε≡≡ヘ(*`∀´*)ノ

ではでは*^ω^)ノ” ♪

 

 

 

 

 

 

 

↓ジェネリック品への変更は本当に大変よね!患者様によってはジェネリック品と聞いただけで毛嫌いする方もいるし(>_<)と思った薬剤師さんはこちらをポチっとヽ(*´∀`)ノ


にほんブログ村
↑うちはフェノフィブラート錠の処方が多いから大変!在庫がなくなったら、疑義照会と患者様への説明だけでかなりのタイムロスだわ(>_<)と思った薬剤師さんはこちらをポチっとヽ(*´∀`)ノ

 

 

 

 

 

 

 

↓うちは門前のDrが殆ど後発品への変更不可のチェックをつけてくるから後発品率はめちゃくちゃ悪いから平気(^_^;)と思っている薬剤師さんはこちらをポチっと押した後、別な意味で心配してください!
今回は後発品率が20%未満の場合に限り2点減点で済んでいますが、今後は20%も2点も引き上げられてくると思いますよ(・∀・)ニヤニヤ


人気ブログランキング

 - お薬

error: Content is protected !!