おねぇ系薬剤師の言いたい放題

おねぇ系薬剤師、通称ネーヤが言いたい放題のことを書くブログです。 賛同コメントや批判コメントは大歓迎!!ただし、意味の無いアラシコメントはご遠慮ください。

お薬手帳を持たない方が安くなる?!?

      2018/04/09

さてと、前回は2周年を皆様から祝っていただいて嬉しいネーヤですヽ(*´∀`)ノ

でもって、新年度が始まって早1週間!今日のキーワードは・・・

お薬手帳を出さないと、支払いが安くなります!!!

 

これは、ネーヤが最初にブログを書こうと思った一言なんだけどね(^_^;)

えっとね、順を追って説明していくわね!

先ず、皆様はお薬手帳って持ってるわよね?お薬手帳って言うのは今更言うまでもないことなんだけど、患者様が安全に正しくお薬を服用するためには非常に有用なアイテムなの!

でね、ネーヤがこのブログを書き始めた頃(7年くらい前)には、お薬手帳を薬局で提示するとちょっとだけ支払いが高くなるシステムだったの。そこに目をつけた医療とは全く無関係の経済アナリストとかいうコメンテーター。このコメンテーターが先程の『お薬手帳を出さないと、支払いが安くなります!!!』なんて事をTVで言っちゃったのね。まあ事実なんだけど、お薬手帳の必要性を全く無視した発言だったものだから、薬剤師や医師、他にも医療関係者からかなりの反発を食らったの!(中にはブログに書いたように、お薬手帳を持ってこないように患者様に勧めたおバカ薬剤師もいたけどね(^_^;))。でもって、それを発言したコメンテーターは何年か後にお亡くなりになってしまうんだけど、これを重要視したボスが改訂しちゃうのね。どういうことかっていうと、それまではお薬手帳を持ってきた患者様からはフィーを頂いていたのだけれども、それは中止して逆にお薬手帳を持ってこなかった患者様にはペナルティとしてフィを頂くことになったのね。

まあ、ペナルティと言うと聞こえは悪いんだけど薬剤師の立場から言わせてもらえば・・・自分の薬局で調剤したお薬とほかの薬局や医療機関で調剤されたお薬との飲み合わせとかは確実に把握してないと、とんでもない事故を引き起こしかねないからね(^_^;)

それでは現在、お薬手帳を持っていくのと持たないで行くので、どのくらいの金額の差があるのかと言うと・・・

・お薬手帳を持参した場合     薬剤服用歴管理指導料41点(410円)
・お薬手帳を持参しなかった場合  薬剤服用歴管理指導料53点(530円)

と、120円の差が出てくるの。まあ、実際は保険が利くから、3割負担で40~50円くらいの差で、お薬手帳を持ってくると40~50円安くなるのね

でね、もう少しこれを深く説明すると・・・このお薬手帳。半年間以上、処方箋を持参しなかった患者様は、お薬手帳を持ってきても、服薬管理指導料は53点が算定されるのよ。

え?どういうことか分からない??じゃあ、簡単にまとめると・・・

A、半年以内に薬局に再度処方箋を持参してお薬手帳を持参した場合・・・41点(410円)
B、半年以内に薬局に再度処方箋を持参してお薬手帳を持参しなかった場合・・・53点(530円)
C、半年以上、薬局に処方箋を持参しなかった場合・・・お薬手帳の、持参の有無に関わらず53点(530円)
D、特別養護老人ホームに入所している患者様に訪問して管理指導を行った場合・・・お薬手帳とは無関係に41点(410円)

となるのね。え?私は半年以上薬局に行かなかったし、お薬手帳を持参しなくても平気よね!!と仰った読者の皆様。
う~ん、確かに点数上ではそうなんだけど、お薬手帳を持っていかないと、薬剤師からいろいろ余計に尋ねられるし、持っていった方がいいに決まってるわよ(^_^;)

 

でね、ここまで書いてきて、お薬手帳を持参≦お薬手帳を持参しないと言うのは理解していただけたわよね?

えっ?じゃあさ、薬局からすれば、お薬手帳を持ってこない患者様の方が、儲けが多くなるんじゃない??

と叫んだ読者の方々!

えーっと・・・そうなんだけど、お薬手帳を持参しない患者様だと、薬剤師は余計な手間が増えるのよ(^_^;)
どういうことかって言うと、例えば・・・

ネ「○○さん、他に何かお薬飲んでいませんか?」

患「あ!○✖医院でお薬もらってる!銀色のシートで白い小さな錠剤!!1日1回1錠、朝に飲んでるの!!!」

ネ「えーっと、お薬の名前は分かりますか?」

患「さあ?」

いやいやいや!いくら優秀な薬剤師でも、それで分かるわけないじゃない(^_^;)
でね、こういう時どうするかっていうと・・・
患者様が家に帰る時間を聞いて、その頃に電話して、お薬の名前を読み上げてもらったり、場合によってはその○✖医院さんに問合せをして、確認を取ったりしなきゃならないの(^_^;)

えっ?じゃあさじゃあさ!!普段お薬を飲んでいない患者様は、お薬手帳を持ってこない方がありがたいのよね???
だって、その方が儲かるものね(´▽`)

と、更に叫んだ読者の方々!!

まあ、そうなんだけど、その患者様が何か他の病気が出たり、今まで飲んだお薬の記録とかもあるからやっぱりお薬手帳は重要なアイテムなのよ(^_^;)

 

でね、再び繰り返すけど、お薬手帳を持参≦お薬手帳を持参しないなんだけど、場合によってはこれが通用しないことがあるの。どういうことかって言うと・・・

 

お薬手帳を持ってこようが持って来まいが、薬剤服用歴管理指導料は一律13点(130円)!!!

 

と、なってしまう場合があるのね。

 

え?じゃあ私はお薬手帳は持参しなぁ~い!!

 

と叫んだ読者の方々!そんな短絡的に叫ばないでよ(^_^;)
ちなみにこうなるためには条件があるの。

えっとね、確かにお薬手帳を持参しないと薬局側としては儲かるのね。でもって、ひょっとしたらこれを悪用しようとする不埒な薬局が出てくるかも分からないでしょ??
悪用というのが、どういうことかって言うと・・・薬局に行かれた方なら分かると思うけど、たいていの薬局では処方箋を持ち込むとお薬手帳を持っているかどうか聞かれるでしょ?そして持っていない場合には、お薬手帳の重要性を説明されるし、家とかに忘れた場合は次回は持参してくれるように言われると思うのよ。
ところが、薬剤師が、お薬手帳の重要性の説明もしないし、次回持参するようにも言わなければ、お薬手帳を持参する人は確実に減っていっちゃうのね。そうすれば薬局は一人の患者様につき120円の儲けが出てくるのね。まあ120円が高いか安いかはともかく、これが10人、100人、1000人ともなればかなりの額になっちゃうの(^_^;)だから、悪用というのはお薬手帳に関して薬局側が一切触れないということなのね。

でね、こうなると患者様は1回の負担が40~50円増えるだけで済むけど、ボスの方は一人の患者様につき、1回70~110円の負担がかかってくるのね。そして患者様全体ではかなりの額になっちゃうのよ。そこでボスはこう考えるの。

 

せっかくのお薬手帳なのに、それを蔑ろにして儲けを増やそうとする不埒な薬局があるかもしれん!
そういう薬局は医療従事者の風上にも置けん!!
そんな不埒な薬局はペナルティを課してくれよう!!!ヽ(`Д´)ノ

 

てね、実際どういうペナルティかは先ほど書いた、お薬手帳を持ってこようが持って来まいが、薬剤服用歴管理指導料は一律13点(130円)!!!ということなのね。

ただ、薬局一律でこのペナルティを課してしまうと真面目な薬局さんは悲惨なめにあってしまうわよね。だからボスは判断基準を儲けたの。その判断基準なんだけど、先ほど薬剤服用歴管理指導料に関してA~Dに分類したでしょ?この中でCとDは除外して、Aの割合が50%を切った場合には薬剤服用歴管理指導が13点になっちゃうの!計算式にすると・・・

 

(A/A+B)×100≦50

 

となるのね。ちなみにこの計算に使う実績は、H30年3月1日~H31年2月28日!これに入ってしまった薬局はH31年4月1日~H32年3月31日の間はペナルティが課されるのね。ただし救済措置もあって、直近の3ヶ月間の実績で50%を上回った場合にはお咎めなし!
まあ、現状でこのペナルティを課せられる薬局がどのくらいかって言うと、全体の約8%!この8%の薬局さんが儲け主義なのか、それとも何らかの理由があって50%を切っているのかは分からないけど、今頃はかなり焦っているのでしょうね。ちなみにこのペナルティが実際に課されるのは来年の4月からだから、これから必死になってお薬手帳の普及に励むと思うわヽ(´Д`;)ノ

でもって、ネーヤの薬局はと言うと・・・この計算式に当てはめて計算すると70%強!これが平均より高いのか低いのかは分からないんだけど、とりあえずは安泰ヽ(*´∀`)ノ
でもね、後発医薬品調剤体制加算の後発品率も調剤報酬改定ごとに高めていったボスのやり方を見ていると、今後はこのお薬手帳持参率も上げてくるとネーヤは思うんだけどね(^_^;)

と言ったところで、本日のブログは・・・

 

え?何でお薬手帳を持って来ない方が安くなるのかイマイチ分からないんだけど(*´・д・)?

 

と思った読者の皆様!ああ、それを説明しておかなくちゃだった(笑)
じゃあ、どういうことか説明するわね!!

例えばここで、二人の患者様MさんとNさんの会話を挙げてみると・・・

M「このネーヤ薬局、毎回々お薬手帳お薬手帳!ってうるさいわよね!!ヽ(`Д´)ノ」

N「あ、Mさんもそう思ってた?私もそうなのよ!!それにこの薬局の薬剤師ネーヤって若造のくせに生意気だと思わない???」

M「そうそう!お薬手帳を持ってこないと高くなってしまう!なんて言ってるけどほんの数十円じゃん!!そんなの患者の自由よね!!!」

N「私はこれからわざと、お薬手帳は持ってこないようにするわ!あの小生意気なネーヤの困った顔が見られるなら数十円くらい惜しくないし(`∀´)」

M「それいいわね!私もそうしよう!!あ、どうせなら皆にも呼びかけてお薬手帳をボイコットしちゃわない!!!」

N「じゃあ、私は会社の人間、家族なんかに呼びかけるわ!」

M「じゃあ、私は町内会なんかで回覧板にでも書いて回そう!!」

と、なぜか二人は妙なテンションで盛り上がっちゃうの(^_^;)

 

・・・それから約1年後の3月下旬

 

ネ「うーん、最近お薬手帳を持ってこない患者様が増えてるなぁ~!余計なお仕事が増えてしまって大変(>_<)」

事「なんでも、患者様たちにお薬手帳をボイコットする運動が出ているみたいです。首謀者はあのM・Nコンビのようです。」

ネ「えー!お薬もちゃんと飲まないし、勝手に湿布を譲り合っちゃったりするあの問題コンビ!∑(゜∀゜)」

事「はい、私の知り合いの患者様もあの二人からお薬手帳をボイコットするように話しかけられたそうです。」

ネ「なんでそんな事を?あ、それより事務さん!!今のうちの薬局のお薬手帳持参率は???」

事「今月は3割切ってます!」

ネ「えー!∑(゜∀゜)いつの間に!!年間ではどうなってる???」

事「・・・年間では48%ですね・・・」

ネ「えー!!!じゃあ、来月から薬剤服用歴管理指導料13点じゃん!!しかも、ハイリスク薬加算や重複投与・相互作用防止加算も取れなくなっちゃう(>_<)」

 

そして4月。

 

M「はい、処方箋!あ、今日もお薬手帳持ってないから(笑)」

ネ「・・・はい、じゃあ今日も同じお薬ですね・・・今日は○○○○円になります。」

M「あら?先月より120円も安くなってるじゃないの!!また法律が変わったの???」

ネ「法律は変わってないです。ただ、うちの薬局のお薬手帳の持参率が悪くて加算が頂けなくなってしまったんです_| ̄|○」

M「あら、そうなの?大変ね(・∀・)ニヤニヤ」

この後、薬局から出たMさんは大きくガッツポーズ(°∀°)o彡

 

とまあ、今回もネーヤの妄想話で締めくくり(´▽`)

まあ、ネーヤの薬局では延べ数にして月1000枚の処方箋を受けてるし、これを実現させようと思ったら200枚以上のボイコットが必要になるから難しいと思うけどね(笑)
ついでに、もしこうなったらどのくらいの損失が出るか、ザッと計算してみたんだけど、ネーヤの薬局なら年間500万円以上の損失が出るわね(^_^;)

 

ねぇ、ボス!
ペナルティもいいけど、お薬手帳を持参しなかった患者様は保険証と同様に自費扱いにしちゃわない??
その方がお薬手帳の普及は進むと思うわよ(^_^;)
どうなのボォォォ~ス!!!

と叫んだところで本日のブログはおしまい!ε≡≡ヘ(*`∀´*)ノ

あ、もう一言だけ言わせてもらうわね!

お薬手帳は金銭の問題じゃなくて、
患者様のメリットを考えた必須アイテムなんだからね!
面倒とか言わないで、受診の際はちゃんと持参してくださいねヽ(*´∀`)ノ

と、言ったところで。

ではでは*^ω^)ノ” ♪

 

 

 

 

 

 

 

↓私はお薬手帳はちゃんと持参してるわよ!金額もそうだけど、何かあった時にはお薬手帳が役に立つものヽ(*´∀`)ノと、お薬手帳の重要性をちゃんと理解している方はこちらをポチっと!


にほんブログ村
↑うーん・・・お薬手帳が重要なのはわかっているんだけどつい忘れちゃうのよね(^_^;)今は1種類しかお薬飲んでないし・・・と言うイマイチお薬手帳の重要性を理解してない方はこちらをポチっと!

 

 

 

 

 

 

 

↓今日のブログではいい事聞いたわ!私が行っている薬局の薬剤師も小生意気だからお薬手帳ボイコット運動を起こそう!!と、完全な勘違いをなさった方はこちらをポチっと押した後、お薬手帳の重要性についていろいろな薬剤師ブロガーさんのブログを読んでみてください(^_^;)


人気ブログランキング

 - 保険制度, 調剤報酬改定

error: Content is protected !!