おねぇ系薬剤師の言いたい放題

おねぇ系薬剤師、通称ネーヤが言いたい放題のことを書くブログです。 賛同コメントや批判コメントは大歓迎!!ただし、意味の無いアラシコメントはご遠慮ください。

薬剤師転職物語ヽ(*´∀`)ノ

   

あーつーいー!!!

 

さてと、毎日暑い日が続くわね(^_^;)
TVでは『命に関わることもある危険な暑さ!』なんてネーヤが22年間生きてきて初めて聞いた言葉も出てくるくらいの暑さなので、ご注意くださいねヽ(*´∀`)ノ

と言った所で、本日は薬剤師の転職について!

え?ネーヤってば、昔のブログで転職に関して書いてなかった??

と、つぶやいた読者の方々。ほうほう!さすがMyLittleMonster!!よく覚えていたわね!!!

でもね、昔書いたブログは、薬剤師の転職といっても、メーカーや病院薬剤師から調剤薬局薬剤師への転職のことだったでしょ?
今日はそうじゃなくて、調剤薬局から調剤薬局への転職のお話ヽ(*´∀`)ノ

と言うことで、先ずは大前提として・・・

 

薬剤師は今も売り手市場!!!

 

ということを、理解しておいてちょうだい(・∀・)ニヤニヤ

まあ、好条件で高収入を望むとなってくると、ハードルは高くなるし、中には年齢制限とかを設けている薬局なんかもあるんだけど、探していけば年齢不問・経験不問なんていう調剤薬局は結構あるのね。
ネーヤが知っている中では、メーカー上がりで定年間際の調剤経験がない薬剤師さんでも簡単に調剤薬局に就職できることも多いのよ。え?そういう場合は、給料もかなり安いんじゃないの??と思った一般の方々、うーん、どこにラインを引いて安い高いと言うかは何とも言えないんだけど、薬剤師の場合、同年代の一般サラリーマンと比較しても平均以上の給与を貰ってる場合がほとんどなのよ(あ、いろいろな条件があるから、絶対ではないわよ!)

でね、ネーヤ知っている範囲では、過疎地なんかでは給与は高いわね。30代で年収1000万円なんて言うと、通常ではかなりありえないことなんだけど、薬剤師の世界ではありえないことではないの。

 

と、簡単に薬剤師の年収状況を説明したところで、本日のブログ!

先ずは、ネーヤが読者の方からメールをもらったの!仮にその方をZさんとしておくわね。そのZさんのメールを簡単に書くと、こんな感じ。

初めまして、ネーヤさん!いつもブログを読ませていただいてます!!
私は薬剤師歴2年目のぺーぺー薬剤師です。
本日はご意見を伺いたくて、メールさせていただきました。いきなりのメールで申し訳ありません。
突然なのですが、2年目で転職を考えるのは間違いでしょうか???

というもの。
えーっと、いきなりでビックリしたけど、先ずは・・・

こんなオフザケ薬剤師に相談しても回答は出ないよ(^_^;)

と言うのが一番ね(笑)でも、折角メールを頂いたし、もう少し詳しくお話を聞いてみたの。ちなみにそのメールにお返事した内容を簡単に書くとこんな感じ!

えっと・・・先ず、転職を考えるのは決して間違いではないの。
でもね、ちょっと考えてみて?
・転職というと、次に何かしたいお仕事でもあるの?→それならOK!
・単純に今のお仕事が嫌!→もうちょっと考えてみたら??

と、こんな内容。まあ、このZさん。薬剤師歴2年目というと、年齢は20代半ばでしょ?こんなこと言うと反発くらっちゃうかもしれないけど、薬剤師としてはまだペーペーなのよ(^_^;)
まあ、就職して、実際に業務に携わると『想像してたお仕事と違う!』なんて考えることはよくあることだと思う。
でね、帰ってきた回答がコチラ!

お返事ありがとうございます。
私は現在某大手チェーン薬局に努めており、転勤や異動が多いのです。
私としては、地元密着型のかかりつけ薬剤師を希望しているのですが、今の会社は転勤が多いためそれもママならぬ状態なのです。
多分、ネーヤさんは2年目というと早いと思われるかと思っています。私自身もそれで悩んでおります。

 

と言った所で、Zさんとのメールはここまで!ここからは雑多的に転職に関してネーヤの意見を書き並べて行くわね。

で、転職したい理由はいろいろあると思うんだけど、それをいくつか挙げるわねヽ(*´∀`)ノ

1、仕事内容

2、労働条件

3、その他

と、まあ要約するとこんな感じかな?じゃあ、一つづつ考えて行くわね。

 

先ず1の仕事内容!

薬局のお仕事というと、読者の方々は薬局での一般業務を思い浮かべると思うのよ。でもね、その中にもいろいろあるのよ(´▽`)

例えば、調剤薬局とドラッグストアーではかなり仕事内容も変わってくるのね。調剤をしていないドラッグストアーだとOTCの扱いだけになるし、中にはOTCだけでなく食料品や雑貨などが中心となっているところも多いのよ(^_^;)
ネーヤの友人で『私はスーパーの店員ではない!』と言ってドラッグストアーをやめた友達もいたわね!あ、変なツッコミを入れられると嫌だから一応言っておくけど、スーパーの店員を下に見てるわけではないからね!
薬剤師とスーパーの店員のお仕事の内容を比較した上でのお話よっ!!

でもって、調剤薬局の中でも、お仕事は多岐に渡るのね。もちろん読者の方々から見れば、投薬カウンターの前で患者様にお薬の説明をする薬剤師を思い浮かべると思うけど、大手チェーン店の中には仕入れを中心にやる薬剤師や、新規開拓を通常業務としている薬剤師、又は、何店舗かを統括するマネージャー職の薬剤師もいるの。こういった薬剤師は、投薬に関してはヘルプで入ったりするけど、本業は投薬ではなくなってしまうのね。

まあ、人それぞれで投薬を主として患者様といろいろコミュニケーションを取りながら患者様のフォローアップをするのが好きな人もいれば、会社の中核としてマネージャー職を主として、それぞれの薬局自体を底上げする人に生きがいを感じる人もいるし、もっと上まで登って、自分の会社のシステム構築を主たるお仕事にする人もいるのね。
ちなみに大きなチェーン店だとある程度の希望は聞いてくれるんだけど、仕事の中では上司からの推薦や、その人の適性を見極める事によって、必ずしも本人の希望通りにならないことも多いの。

まあ、此処までをよく覚えておいて!次に行くわよヽ(*´∀`)ノ

 

次に2の労働条件!

まあ、ぶっちゃけちゃうと、薬剤師の平均年収というのはそこそこにイイのね、多分同年代のいろいろな職種の平均年収を並べたとしても平均以上だと思う!まあ、中にはめっさ安い給料のところもあるけどね(^_^;)
さすがに生活ができないほど安い給料ということはないと思うけど、学生時代の同級会の時なんかに、同期の給料を聞いてみたりすると愕然とすることも多いと思う!∑(゜∀゜)

そして、残業や休日も結構厳しいところも多いのね。薬剤師によっては夜勤があるお仕事もあるし、シフトの組み方によっては連勤や連休が固まってしまうこともあるのね(^_^;)まあ、ネーヤは労働基準法とかは詳しくないけど・・・そうなってくると、法律上では問題なくても体力や精神力にかなり負担がかかってくるんじゃないかしら?

それから転勤。これに関しては企業もいろいろとルールを作っていて、転勤を承諾するかしないかの選択ができるところも多くなってるの。ただし、承諾しないと給料は安くなっちゃうこともあるわね。そして転勤等になると、今の住所から引越しも伴うこともあるし、住み慣れた場所から引越しを行うとなるとそれが楽しみな人もいるし、それを負担に感じちゃう人もいるわね(^_^;)

あ、こうやって言うと会社が悪者みたいに聞こえちゃうかもしれないけど、会社は会社なりに考えたりもしてるのね。転勤によってモチベーションが上がる例もあるし、中には社員の生まれ故郷に戻すための転勤もあるからね!一概に悪いことばかりじゃないのよっ!!

 

そして3のその他!

これに関しては、仕事内容や労働条件とかに当てはまらないものね。

例えば、お仕事の内容も気に入ってるし、給与もいい!残業も少ないし、転勤も気にならない!!と言うベストな環境でも、実家のご両親がご高齢で介護しなきゃいけないとか、実家が薬局で跡を継がなきゃならない!なんていう場合ね。

まあ、他にもご結婚なんかでパートナーの転勤とかね。思いつくのはそんな感じなんだけど、人それぞれに事情もあるとは思うわヽ(*´∀`)ノ

 

と言った所で、Zさんの場合をもう少し詳しく見てくわね!

先ずね、Zさんの場合はお仕事の内容として、地元密着型の薬剤師として患者様との対話とかを大切にしたいのね!そしてかかりつけ薬剤師を目指していると思う。じゃあ、かかりつけ薬剤師の条件を見てみるわね!!

1、薬局勤務経験が3年以上

2、その薬局に週32時間以上の勤務

3、その薬局に1年以上の在籍

4、薬剤師認定制度認証機構が認証している研修認定制度等の研修認定の取得

5、医療に係る地域活動の取り組みへの参画

となっているの。まあ、今現在のZさんの状況を鑑みると、1は絶対に満たせないけど、他はなんとかクリアできるわね。

 

え?じゃあ転職はもう少し待ったほうがいいってこと??と思った方々。

まあ、慌てないでよ(^_^;)続きがあるんだから(笑)

ここで、Zさんが属している大手チェーン薬局では転勤等が多いのよね?だとすると2・3の条件は絶対に満たせないのね。そして5の地域活動に関しても、薬剤師会が行う地域活動が主となるために、薬剤師会に属していないとかなり厳しくなるの。でもって大手チェーン薬局では薬剤師会に属さないことも多いから、Zさんにとって5の条件もかなり厳しいと思うわね。

でね、今度はその大手チェーン薬局側から見た都合として・・・
薬局だって、お仕事として経営している以上、それなりの利潤は出さなきゃならないのよ。そして、今の調剤報酬では大手薬局チェーン店ではかなり厳しいのね。なぜ厳しいのかっていうと、薬局のフィートして大きいのは基本調剤料と言うのがあるんだけど、大手の場合はその基本調剤料が極端に安いの。例えば、ネーヤが働いている薬局だと調剤基本料1と言って、通常患者様一人から41点(410円)のフィーを頂いているんだけど、大手になるとその条件によって調剤基本料2、25点(250円)→調剤基本料3①、20点(200円)→調剤基本料3②、15点(150円)となっていくのね。

ちなみに、薬剤師一人が月に1000枚の処方箋を受けたとなると・・・
調剤基本料1→41万円のフィー
調剤基本料3②→15万円のフィー
と、かなり差が出てくるのね。

そしてそれだけではないわ!ネーヤの薬局の場合、地域支援体制加算と言うのも頂いているから、それで35点(350円)を上乗せで頂いているの。それを先ほどと同様に月に1000枚の処方箋を受けたとすると、35万円のフィーが上乗せになって、合計76万円のフィーとなるのね。

え?別に、大手でも地域支援体制加算を頂けばいいんじゃない??と思った方々。

うん、そうなんだけど、大手のように調剤基本料が2以上になると、地域支援体制加算を頂くための条件がめちゃくちゃ厳しくなるのよ(まあ、調剤基本料1でも厳しいけど)
そして、現時点で調剤報酬2以上の大手チェーン薬局で、地域支援体制加算を加算しているところは・・・

0軒・・・つまり地域支援体制加算を取っている薬局は無し!!!

なのね(^_^;)まあ、条件の厳しさが理由で取れないんだけど、こうなってくると大手チェーン店も生き残りをかけて、なりふり構ってはいられなくなってしまうと思う。

ちなみに、ネーヤの薬局の場合を試算してみたけど、ネーヤを転勤させた場合、薬局で年間400万円以上の損失が出ちゃうのね。ところが、大手の場合にはこの損失が出ないわけだから転勤も普通に行われるわけね。

 

でもって、以上のことを踏まえた場合、Zさんの転職に関しては・・・

 

転職してもいいんじゃない?!

 

という、結論よ!

あ、せっかくだからZさんが次の転職先を探す場合には以下のことを気をつけたほうがいいわね

1、転職先が地元密着型の薬局であること
まあ、大手の方が安定しているけど、多県にまたがっているような薬局だとどうしても転勤や異動が付き物だと思う。

2、基本調剤料1を算定している薬局であること
基本調剤料1ならば大手ではないから、地域密着型の薬局が多いわね。さらに地域支援体制加算をとっている薬局ならば尚いいと思うわよ!

3、一人薬剤師の薬局は避けたほうが無難
上記の条件で探すとなると、一人薬剤師の場合も多いのね。Zさんの場合、2年目だから一人薬剤師や管理薬剤師だとちょっと荷が重いと思う。

といったところかな?理想としては・・・

同一地域内に数店舗の薬局を展開している薬局で、すでに管理薬剤師が在籍していて地域支援体制加算を算定している薬局!

あと、細かく言うと、その薬局の集中率や月の処方箋受付回数。チェーン店の場合はグループ内での処方箋受付回数も調べてからの方がいいと思うわよヽ(*´∀`)ノ

 

と言った所で、Zさん少しは参考になったかな?
まあ、薬剤師に転職はよくあるお話だし、別にいいとは思う。でも、先程も言ったように将来のことをよく考えてご自分が理想とする薬剤師像を追求できる薬局を選んでくださいね!

 

と言った所で、本日のブログはこれにておしまいっε≡≡ヘ(*`∀´*)ノ
ではでは*^ω^)ノ” ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓へー、いろいろなお仕事があるのね!薬局薬剤師のお仕事なんかみんな似たようなものかと思ってた!!と思った方はこちらをポチっとヽ(*´∀`)ノ


にほんブログ村
↑Zさん、いい転職先が見つかるといいわね(´▽`)と思った方はこちらをポチっとヽ(*´∀`)ノ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓うーん、転職かぁ~。私も薬剤師だけど、迷うなぁ~!と思った薬剤師さんはこちらをポチっと押した後、いろいろと考えてみてください!勢いだけで転職すると失敗しますよ(^_^;)


人気ブログランキング

 - 薬剤師

error: Content is protected !!