おねぇ系薬剤師の言いたい放題

おねぇ系薬剤師、通称ネーヤが言いたい放題のことを書くブログです。 賛同コメントや批判コメントは大歓迎!!ただし、意味の無いアラシコメントはご遠慮ください。

ボスの手先からの手紙!∑(゜∀゜)

      2018/09/11

さてと、本日のブログはネーヤの元に来た1通のメールから始まる。そのメールの書き出しは・・・

 

初めまして、いつもブログを楽しませていただいております。
私は某健康保険組合に従事しておりますTと申します・・・

 

ちなみに、健康保険組合といえば、正確にはボスの傘下ではないけど、ボスとは連携して協力体制を取る組合。まあ、強弁すれば傘下とも言えないことはないかな?

え?まさかボスにネーヤのブログが見つかっちゃったの”(°°;)””((;°°)”
まさか、ボスをふざけて使ったために保険薬剤師停止!
ひょっとして、身元も割り出されていて薬剤師免許剥奪!! ヾ(゚ロ゚*)ツ三ヾ(*゚ロ゚)ノ !!

と焦りまくるネーヤ、そのとき天の声が・・・

落ち着けっ!まだ、そうと決まったわけではない!!

そ・そ・そうよね!ボスともあろう国家権力が、たかが場末のオフザケ薬剤師なんか相手にしないわよね(;´Д`)

などと思いつつ、メールを読み進めるネーヤ。

へー!ほー!!ふむふむ、なるほど!!!

って、これじゃあ読者の皆様は何のことかサッパリわからないわよね(^_^;)

えっとね、メールの内容はこんな感じ・・・

 

んっとね、私、Tの仕事は、保険使用の適正化、給付費削減なんて小難しいことをやってるのよ!
でもさ、頑張ってはいるけど、私のいる健保組合って、イマイチ後発品率が伸びないのよねー(^_^;)
もちろん組合員には、『後発品を使うとこんなに安くなるんだよー!』なんてお知らせも個別に出しているし頑張っているんだけどねー!!
そこで、今度はそのお知らせに加えてジェネリック品のチラシも入れるつもりでいるのよ。
でさ、ジェネリック品は・・・もちろん値段もあるけど、それ以外に何かメリットがないかなーって思ったわけ!
そこで、ネーヤちゃんはあんなブログ書いているでしょ?だから何かそんなメリットを知らないかなーって思って、メールしてみたわけ(笑)
だ・か・ら・・・何か知ってたら出し惜しみしないで教えてくれない???

 

とまあこんな感じ(・∀・)ニヤニヤ

あ、ネーヤのオフザケは本日も平常運転。本当はもっと真面目でお堅い文章だったけど、ネーヤが勝手に脳内変換しただけだからね(笑)

ふむふむ、まあ頼まれると、簡単には嫌とは言えないネーヤ。まあ、ブログではボスのことを無断で勝手に書いちゃったりしてるから、たまには協力しておくかぁ~ヽ(*´∀`)ノ

 

と言った所で、公的医療保険のことから簡単に説明してくわね!

先ず、病気やケガで病院に受診すると保険を使うのがほとんど。これを使わないと、3倍以上の値段になっちゃうからね!

でね、一口に保険といっても、種類はいくつかあるの。健康保険(社会保険)、共済保険、国民健康保険、後期高齢者医療保険などね(ほかにもあるけど)
さらに健康保険は大企業がつくる健康保険組合(組合けんぽと言われるもの)や中小企業が加入する全国健康保険協会(協会けんぽと言われるもの)に分かれていくのね。
そして、それぞれの保険は保険者と呼ばれているのね。(保険者は保険に入っている人の事ではないから注意してねヽ(*´∀`)ノ)

これを図にすると以下のとおり!

まあ、たくさんの保険があるのは分かってもらえたと思うけど、もう少し詳しく説明してくわね。

医療機関(病院、開業医、調剤薬局など)は治療行為や投薬行為を保険を使って、患者さんに行った場合、その一部は患者様から料金(一部負担金が正式名称)をもらうのだけど、残りは保険者から貰うことになるのね
どうやって請求するかというと、実際におこなった治療・投薬などの明細を書いて請求するのね!このとき書いた明細が診療報酬明細書、通称レセプトと呼ばれるものなのよ。

で、このレセプトは直接保険者に送るわけではなくて、医療機関は社会保険診療報酬支払基金(通称、支払基金)に送るの。すると支払基金ではそのレセプトが適正なものかどうか審査するのね。中には間違った使い方がされていたり、保険証の内容が間違っていたりする場合には返戻と言って、医療機関に差し戻されるの。

でもって、それが正しければ、支払基金は先ほど言った保険者にそれぞれ請求をかけて、その報酬は保険者から支払基金に支払われるのね。その後、その報酬はまとめてそれぞれの医療機関に支払われるの。

これも図にすると以下のとおり!

あ、上の二つの画像は、『薬剤師さんの備忘録』と言ってネーヤのブログを漫画にしてくださっている油沼さんが書いてくれたものヽ(*´∀`)ノ
こうやって、図にするとわかりやすいわね!ありがとう!!油沼さん♡

とまあ、簡単に言っちゃうと支払基金は医療機関と保険者を仲介する役目なのね。ただし、この事務作業はとても大変だから、医療機関がその報酬を手に出来るのは原則として2ヶ月後、9月の診療報酬は11月に医療機関に振込まれるのね。

ちなみにちょっと昔話をすると、昔はこのレセプトは全て手作業!診療報酬明細書と言うように全て紙媒体に打ち出して、医療機関は保険別にそれをまとめて提出しなければならなかったの(^_^;)
今は、ネットが発達して、データだけをネットを介して送ればいいんだけどね(´▽`)

ここまでは分かった?

え?分からない??まあなんとなく、こんなふうに医療費のお金の流れがあるって分かってくれればそれで良しっ!!!じゃあ次に行くわね。

でね、支払基金はこの請求や支払い、レセプトの審査は行うけど、患者様とはつながりがないからジェネリック品の推奨とかは行ってないのね。
どういうことかっていうと、医療機関から100万円のレセプトが出されて、それに関して、お薬の使い方や計算方法が間違ってなければ、そのまま100万円が保険者に請求されるの。仮に、そのレセプトすべてが先発品であったとしても『これはジェネリック品にするべき!そうすれば100万円が80万円になる!』なんてことは言わないの。

でね、保険者は請求されたら、普通に100万円(プラス手数料)を支払基金側に払わないといけないんだけど、保険者だって無限にお金があるわけではないし、保険料はちゃんと決まっているから、お金が足りなくなったからといって、保険に入っている人から徴収もできないのね。そして、この保険者も今はそれなりに財政が苦しくなっているというのが現状。

そして、保険者としてはその診療費をなるべく安くしたいのね。ただし、そのために医療機関に口出しして医療の質を下げるわけにはいかないし、審査は支払基金がやってくれるのでそれ以上はやることがないのね。そこで保険者が考えたのが・・・

ジェネリック品への切り替え推奨!!!

まあ、ジェネリック品への切り替えはボスも推奨しているし、それなら医療の質も下げないからね。
でもって、ジェネリック品切り替えを推奨する医療機関への方策は、ボスが施策とかも行っているから、保険者は患者様への働きかけを行うようになったの。

それが、先ほどTさんのメールにも出てきた、『後発品を使うとこんなにも安くなるんだよー!』と言うお知らせ!
現在、受診中の読者の方の中にも保険者からお知らせをもらった方がいるんじゃないかしら??

でね、Tさんはこのお知らせだけでは、ジェネリック品推奨が足りないとしてチラシを作ることを思いついたのね。でもって値段に関しては『後発品を使うとこんなにも安くなるんだよー!』と言うお知らせを出してあるから、値段以外でジェネリック品の売り文句がないか、ネーヤにメールしてきてくれたの!

 

じゃあ、いつもの長ぁぁぁ~い前振りはここまで!ここからが本筋に入るわよヽ(*´∀`)ノ

ジェネリック品の価格以外の売り文句!ネーヤが考えたのはこの5つ!!

1、大きさ

例えば、先発品のネルボン錠。このお薬は不眠症のお薬なんだけど発売されてから50年以上経っても使われ続けている優秀なお薬なの!ただし、このお薬って少々大きくて飲みにくいといった声も聞かれることが多いのね。ちなみにネルボン錠というのは円形なんだけど5mg錠で直径が11,1mm、厚さが3,6mmと大きめの錠剤。
ところが、ジェネリック品になるとどれも小型化に成功していて、最小のお薬になると直径7mm、厚さ3mmとなるのね。
まあ、小さくすればいいってものでもないけど、小さい方が飲みやすいのは事実ね。

それからバルトレックス錠。これは抗ウィルス剤。口唇ヘルペスや帯状疱疹に使われるお薬。このお薬は長細い形状なんだけど、長径18,5mm、短径7,3mm、厚さ6,1mmとかなり大きな錠剤なのね!
で、このジェネリック品はバラシクロビル粒状錠と言われる持田製薬さんから発売されているもの。これは直径約3,2mm、厚さ約3,3mmの粒状のお薬。まあ、バルトレックス錠は1錠飲めばいいのに対して、このジェネリック品は30粒ほど飲まなくてはならないけどね(^_^;)まあ、30粒と言うとかなり大量に聞こえるけど、量的には粉薬1包程度だし、粉薬のようにむせることもほとんどないと思うわよ!!

じゃあ、次に行くわよ!次は・・・

2、剤形

まあ、今出てきたバラシクロビル粒状錠もそうだけど、ジェネリック品の中には飲みやすくしたものが多いのね。
その中で薬剤師の中でも有名だと思うのが、マイスリー錠!これも睡眠導入剤で錠剤もそれほど大きくはないんだけどね。

えー、どういうことなのよヽ(`Д´)ノとイラっとした方々。

えっとね、お薬っていうのは基本水で飲まなくてはならないでしょ?でもって、睡眠導入剤を使った経験がある方ならよくわかると思うけど、睡眠導入剤を服用したらすぐに寝なくてはいけないのね。
でね、人にもよるだろうけど、寝る前に水を飲むと夜中にトイレに起きちゃうこともあり得るでしょ?睡眠導入剤はしっかり眠るためのお薬だから、それで起きちゃうのは本末転倒だし、起きた時に睡眠導入剤の副作用でふらついて転倒する危険性も高くなるわね。
でもって、このマイスリー錠のジェネリック品には口腔内崩壊錠(通称OD錠)と言って、水無しで唾液で溶かして飲めるお薬があるの。これだと、お布団の中に潜り込んでから服用するのが可能だし、夜中にトイレに起きる確率も減るのね!
そしてこのOD錠、更にネーヤが秀逸だと思ったのがフィルム錠!これは大きさが20mm×14mmのオブラート状のお薬、舌の上に乗せるだけで溶けるお薬なのね。
でもって、不眠症で多いのが俗に言う『枕が替わると眠れない』という方。まあ、ネーヤはどこでも即効で眠れちゃうんだけど、不眠症の人は旅行や出張でより一層眠れなくなっちゃうのね。ところがこのフィルム錠、お財布のカード入れとかに挟んでおくことも可能なのよ。日帰り出張のつもりがお仕事が長引いて出張先で止まらなければならない!なんて時も便利かもしれないわねヽ(*´∀`)ノ

しかも、このフィルム錠、睡眠導入剤だけでなく他のお薬にもあるのね。それがアリセプト錠のジェネリック品。アリセプト錠と言うのは認知症に使われるお薬なんだけど、認知症の方って中にはお薬を飲ませようとしても嫌がって吐き出しちゃう方もいるのね。ところが、このフィルム錠だと、介護する人が患者様に口を開けさせて上あごなどに貼り付けてやると、吐き出しにくくてその後、口の中で溶けて服用できるのね。

じゃあ、剤形はこのくらいにして次行くわよ!次は・・・

3、基剤の違い

薬剤師の皆様なら分かると思うけど、錠剤なんかの内服と違って湿布や塗り薬なんかはお薬の主成分が同じでもそれ以外の基剤が違うの、で使った感じが変わってしまうのね!
ネーヤの薬局の中で例を挙げると、久光製薬さんのモーラステープがそう。モーラステープ、ネームバリューがすごくて、先生に処方してもらう時にもモーラステープを名指ししてくる患者様が多い。で、ジェネリック品に変えても、多くの患者様が『モーラステープの方が良かったから戻して!』と言われる場合が多いのよ(^_^;)
患者様の感想を聞いてみると、ジェネリック品は先発品に比べると剥がれやすいそう!ただし、患者様によっては、『ジェネリック品の方が剥がす時に、痛くないから変えて良かった!』という意見もあるのね。こうなってくると使ってみなくては分からない!ということになるわね。

余談になるけど、この久光製薬さん、他社のテープ剤のジェネリック品を販売してる。でもって、ネーヤの薬局ではその久光製薬さんのジェネリック品が採用されているんだけど、そのテープ剤が処方されて、ジェネリック品への変更をお勧めする時に『あの!モーラステープを作っているあの久光製薬さんが作ったジェネリック品です!』って説明すると、それで納得して変更になる場合も多いの(^_^;)
まあ、そうなってくるとお薬自体云々よりも、ネームバリューがものを言うのかもしれないわね。

じゃあ、次に行っちゃうよヽ(*´∀`)ノ次は・・・

4、規格

これは例として挙げられるのが、レンドルミン錠0,25mg。これも不眠症にはよく使われているお薬。一応使い方として通常0,25mgを寝る前に投与するんだけど、これだと患者様によっては強すぎてしまう場合もあるのね。レンドルミン錠を販売している日本ベーリンガーインゲルハイム株式会社さんもこれは承知していて、このお薬は半分に割れるように割線が入っているのね。Drも『眠れるようになったら半分にして!』と指導する場合もあるの。ちなみに半分に割るのは普通の人からしてみるとそれ程苦にはならないけど、手先が不自由な方にはちょっと辛いし、割って半分飲んだあと、残りの半分を無くしてしまう場合も考えられるのね。まあ、薬局で割ってあげればいいんだけど、それだと多少時間がかかるし、『自分で割るからいいよ』なんて患者さんが気を使ってくれる場合も多い。
でね、このお薬のジェネリック品には、半量規格の0,125mg錠というものもニプロさんから発売されているのね。これだと半分にする手間がかからないし、携帯にも便利だと思うわヽ(*´∀`)ノ

ついでに、規格に関してネーヤの希望も書いておくわね。欲しいのはアーチスト錠の5mg。このアーチスト錠、1,25mg、2,5mg、10mg、20mgという4つの規格があるんだけど、5mgという規格がないために、10mg0,5錠で処方が出てくることも多いのね。このような処方の場合、薬局で半割するんだけど、これだと割った分の手間賃(自家製剤加算)が加算されてしまうし、時間もかかるのね。

え?じゃあ、2,5mg2錠にすればいいじゃん!と思った方々。

えっとね、アーチスト錠は、2,5mgと10mgでは適応症が違うのよ(^_^;)つまり、10mg0,5錠で処方された場合、それを2,5mg2錠で調剤する場合には、たとえジェネリック変更でも疑義照会が生じちゃうのよ。
だから、ジェネリックメーカーがアーチスト10mg錠と同じ適応症で5mg錠を発売したとしたら、事後報告で5mg錠に変更できるし、薬局では手間が省けるし、患者様やボスにとっては自家製剤加算の分だけ安くなるからかなり売れると思うわよヽ(*´∀`)ノ

じゃあ、次で最後!次は・・・

5、包装

これの例として挙げられるのが、ハルシオン錠!ハルシオン錠はあまりにも有名で認知度も高いからあまり説明はいらないかもしれないけど、一応説明しておくわね!

ハルシオン錠も睡眠導入剤として使われるお薬!このお薬は世界で40年以上も前から発売されており、今現在でもよく使われるベストセラーのお薬。特徴としてはお薬の効き目は強いのに、その効き目が早く切れるというのが特徴!

え?早く切れちゃあダメじゃないの??と思った皆様!
そうじゃないんだなぁ~(笑)
つまりね、ハルシオン錠は入眠障害(寝つくまでの時間が長いタイプの不眠症)によく使われるお薬。そういう人にとってはこのお薬を服用することによって、すぐに眠れて次の日に残らないから、すっきりとした目覚めを迎えられるのね。特にお仕事が3勤交代なんかで、寝る時間がバラバラの人なんかには非常に有用なお薬なのね。
ちなみに、このお薬が一番売れていた頃はMRさんはすっきりとした目覚めを表すために『ハルシオンの朝』なんていうキャッチコピーなんかをよく使っていたわねヽ(*´∀`)ノ

でね、このように非常に優れたお薬なんだけど、このお薬はヒートシール包装なのね。ヒートシール包装がどういうものかっていうと・・・

こんな感じ!見たことあるでしょ??
でもって、他によくあるお薬の包装って・・・

こんな感じでしょ?下のやつはPTP包装と呼ばれるものなのね。PTPっていうのはPress Through Packの頭文字を取ったもの。その名の通り、お薬を押し出して取り出す包装形態なのね。
ところが、ヒートシールは手でちぎって取り出さなきゃいけないの。まあ、通常の人は大した手間ではないけど、手先が不自由な人にはヒートシール包装はちょっとしたストレスになる場合もあるのね。
それと昔問題にもなった、お薬を包装から出さずに飲んじゃった事故。今はそういった事故が起きないようにシートの切り取り線を少なくしたりしているの。でも、ヒートシールの場合は一つづつ切れちゃったりするし、PTP包装のように、包装が固くもないから、認知症の人がそのまま飲んじゃうことも考えられるのね(>_<)

でもって、このハルシオン錠。お薬としては素晴らしいけど、包装は一考の余地あり!とネーヤは考えるのね。でもって、ハルシオン錠はジェネリック品も多数のメーカーから発売されているけどジェネリック品は全てがPTP包装を採用してるのね。つまりは、ジェネリック品の方がお薬を取り出すときに、取り出しやすいと思うわよ。

あ、言い忘れてたけどこの二つのイラストも、油沼さん提供!重ね重ねありがとうヽ(*´∀`)ノ

 

へー!じゃあ、ジェネリック品は先発品より優れているということ??

 

と思った読者の方々。

うーん・・・、まず誤解してほしくはないけど、ジェネリック品は先発品があって、初めて存在できたお薬なのね!(あ、一部先発品が存在しないジェネリック品もあるけどね(^_^;))
そして、前からブログで書いているように特許期間はジェネリック品は発売できないの!(あ、オーソライズドジェネリック品は別(^_^;))
つまり、ジェネリックメーカーはジェネリック品を作る上で、その特許期間の間に、上記に挙げたように患者様にとって、飲みやすさ・使いやすさを追求しているのよ。だから、先発品を改良してできたと言っても差し支えないと思うし、先発品を超えることもあると思うわ。まあ、中には逆に『そのジェネリック品、先発品より飲みにくく(使いにくく)ない??』なんていうのもあるけどね(^_^;)

だ・か・ら、ネーヤがいつも言ってるように・・・

ジェネリック品≒偽物・粗悪品

などという、根拠のない固定観念は捨ててちょうだい!!!

 

と言った所で本日の・・・とその前に、

 

ねぇ、Tさん、今回ネーヤはTさんに協力したんだから・・・

Tさんのチカラでネーヤの薬局は個別指導が当たらないようにしてちょうだい!

そして、万が一間違って当たっちゃった場合には・・・

Tさんが裏から手を回して、ネーヤの薬局の指導には、手心を加えるようにするのよ!!

そして・・・

ボスにもネーヤが協力したことをちゃんと報告しておくのよっ!!!

 

 

と叫んだところで本日のブログはおしまいっ!ε≡≡ヘ(*`∀´*)ノ
ではでは*^ω^)ノ” ♪

 

 

 

 

 

 

 

↓私は保険者から言われて、積極的にジェネリック品に変更してもらってるわ!と言う方はこちらをポチっとヽ(*´∀`)ノ


にほんブログ村

↑そうは言っても、ジェネリック品ってなんとなく嫌なのよねぇ~!と言う分からず屋さんはこちらをポチっと(^_^;)

 

 

 

 

 

 

 

↓昔に比べるとジェネリック品は技術が向上したよね!ゾロ品と言われてた頃は安いだけが取り柄だったけど(笑)と言うベテラン薬剤師さんはこちらをポチっと押した後、今後のジェネリック品普及に精進してくださいヽ(*´∀`)ノ


人気ブログランキング

 - お薬, 保険制度

error: Content is protected !!